第355回例会 3/17(月) リーガロイヤルホテル京都

今回は、『ハラル』『ムスリム(イスラム教)・フレンドリー・サービス』について社団法人国際観光政策研究所:理事長の鳥井信宏氏にご講演をいただきました。

2020年にはオリンピック・パラリンピック東京大会の招致が決定しています。今後ますます諸外国から訪れる人々が増える中、ムスリム・フレンドリー・サービス、特に『ハラル』については『日本における食事』に深く関わります。

宗教上、食べることができないものを明確に分けて食生活を営むムスリムの方たちに、日本のおもてなしを体験していただき、日本での滞在が有意義で愉しいものとするためにも、これら一連の正しい基礎知識と取り組み方を学ぶ必要があります。

講演では具体的事例もお話しいただき、地域ぐるみで行うことや官産学を巻き込んだ取り組み等があることも知る機会になりました。

RMCとしては引続きこのテーマに関して知識を深めていく機会を持ちますので、会員の皆様にとってビジネスシーンやサービスチャンスが拡大するきっかけの一つとなればと思います。

リーガロイヤルホテル京都での講習会風景

RMCへのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
  • ※R.M.C.へのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。