第357回例会 9月16日(火) 神戸ワイナリー

今回は、「ブドウ収穫体験&ワインセミナー」と題して神戸ワイナリー(農業公園)

訪問しました。 開園30周年を迎えたワイナリーは、農業公園内の自社農園と神戸市

西区、北区に広がる契約ブドウ畑(圃場)からなるワイン専用ブドウ畑を持つ国内有数

の銘醸地です。

また今年は、アジア最大規模のワイン審査会『ジャパン・ワイン・チャレンジ2014』に

出品された「蔵出しワインシャルドネ」が見事金賞に輝きました。

 ワイナリー到着後、神戸みのりの公社理事長の箸尾哲司様より神戸ワインの成立ちを

ご講話いただき、続いて末松勢二様よりワイナリーの概要、ブドウ品種、栽培方法、

造方法など神戸ワインの魅力をお話しいただきました。

その後畑に移動し、赤ワイン用のカベルネ・ソーヴィニヨンを収穫体験しました。畑で

は、傾斜地の特性、樹の植わっている場所、同じ一本の樹でも房のできる位置や方向で

甘さが異なること食味体験することができました。

今回の例会のように実際に見て・味わって・体験するということは、自分の言葉に結び

つけ易く、お客様との会話にも繋がることが多いと思います。

 

参加者20

 

神戸ワイナリーの中庭
神戸ワイナリーの中庭
収穫したカベルネソーヴィニヨン
収穫したカベルネソーヴィニヨン
ワイン貯蔵庫内
ワイン貯蔵庫内
RMCへのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
  • ※R.M.C.へのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。