第360回例会 7月27日(月) 大和学園 京都調理師専門学校

今回は、「第16回メートル・ド・セルヴィス杯」の課題を中心にサーヴィスの技術講習会を、

FFCC、メートル・ド・セルヴィスの会、全日本メートル・ド・テル連盟とRMCの合同で開催をしました。

■午前の部 9時30分~12時

  午後の部 13時~16時30分

■講師は

 檜山 和司 氏 全日本メートル・ド・テル連盟会長

 山本 正弘 氏 メートル・ド・セルヴィスの会副会長

 福岡 俊和 氏 FFCC サービス講師

 秋場 直純 氏 辻調理師専門学校 サービス教授

 三浦 和也 氏 辻調理師専門学校 サービス助教授             

 釜井 拡 氏    日本バーテンダー協会大阪北支部副支部長


午前中は、レストランのブリガード、ダイニング施設におけ多様な管理項目とその対策、

サーヴィスの形態区分、オーダー伝票の起票法、フランスAOCの沿革とその本質など

多岐にわたる内容でした。

午後はサーヴィスの実技披露となり、受講者の目の前で様々なゲリドン・サーヴィスの

スキルを丁寧に分かりやすく講義をいただきました。


■実技内容の一部

 ホタテとスモークサーモンのタルタル  舌平目のグリエ

 鴨のロースト グリオッティーヌのソース

 オレンジとバナナのカッティング

 クレープフランベ グリオッティーヌ添えなどリンゴのフランベ

 カクテルの基本技法と デモンストレーション(2 種類)  など


講義終了後も受講者は、熱心に講師各位に質問をしたりアドバイスを受けたりと、

大変盛況のうちに終了しました。 

 

 

 
   

 

RMCへのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
  • ※R.M.C.へのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。